ハンガリー・ブダペストへ移動 小さく世界一周一人旅 その12

2 min

バルセロナ・エル・プラット国際空港 のラウンジでスペイン最後の生ハムを堪能

早朝から、またFREENOWのアプリでタクシーを呼んで、バルセロナ・エル・プラット国際空港へ移動します。

次の目的地 ハンガリーの首都・ブダペストへはハンガリーのLCC(格安航空会社)ウィズエアー(WIZZAIRで移動します。

プライオリティパスを持っていたので、LCCでもラウンジを利用することができました。バルセロナ・エル・プラット国際空港 のラウンジはスペインらしく、生ハムが充実していたので、朝から最後の生ハム・ビールを楽しみました。

LCC ウィズエアー(WIZZAIR) でハンガリー・ブダペストへ移動

全然ネットがつながらないリスト・フェレンツ国際空港

ブダペスト空港は、正式名称がリスト・フェレンツ国際空港というらしく、ハンガリーの玄関口のはずですが、規模はそれほど大きくありませんでした。困ったのが、ネットに全然つながらないのです。ここまで大活躍していたSurfroamもTelenor HUが表示されるけど、固まってしまい、全然読み込みません。。

空港のフリーWifiがあるみたいなのですが、それも入らない。以前、台湾で使ったドコモのWifiのスポット買いも入りません。。

交通機関を調べて、現地で調べて、それでホテルまで行こうと思ったのですが、ここにきて、行き当たりばったりな旅のやり方が裏目に出ました。。

あきらめて、普通に空港のタクシー乗り場でホテルの名前を告げて、タクシーに乗ったのですが、料金を払うさいに、タクシー乗り場でクレジットカードを使えると言われていたのですが、クレジットカードは使えないと言いだし、じゃあしょうがないかと現金で支払ったら、お釣りを返そうとせず降ろそうとしてきます。。ちょっと切れ気味にCHANGE!と言ったら、渋々お釣りを返してくれました。

Hotel Gozsdu Court(ホテル ゴデュー コート)

ブタペストでは、ジム付きで良さげだったので、Hotel Gozsdu Courtというホテルにしました。

普通に一家族泊まれそうな広さです。

 

ブタペスト最初のランチ

ハンガリー料理は何が名物かよくわからなかったので、なんとなく煮込み料理を食べました。結構がっつりくる感じでした。

ブタペストのスーパーマーケット探索

Frici Papaでディナー

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です