台湾男ひとり旅旅行記~4日目~

2 min 8 views

桃園空港第一ターミナルのフードコート 「新東陽 美食廣場」 で朝食

最終日。しかも 12:45のフライトなので、もう帰るだけです。 空港ラウンジで食べてもよかったのですが、台湾元が残っていたので、消化しようと 桃園空港第一ターミナルのフードコート 「新東陽 美食廣場」に向かいます。


新東陽 美食廣場 海瑞摃丸

10時過ぎに着いたのですが、まだ早かったみたいで、ほとんどのお店がまだオープンの準備中でした。「海瑞摃丸」というお店が開いていました。ググってみると、台湾の新竹市の料理のお店らしいので、このお店で台湾料理の食べ納めをすることにしました。

開いてるお店もメニューが制限されていて、身振りでこのメニューしか頼めないと言われて、数少ない提供可能なメニューから 摃丸湯 という肉団子入りスープと炒米粉(焼きビーフン)を頼みました。 肉団子はかなりしっかりしているというか、固いです!

海瑞摃丸 の摃丸湯(肉団子入りスープ)と炒米粉(焼きビーフン)

ジェットスターは、中国語では、「捷星航空」。

webチェックイン済みなので、出国手続きまですぐに終了。またラウンジでタダ酒飲みながら、時間をつぶすことにします。その前に、ゲートを確認しようと思って、フライト一覧?のボードで確認しようとすると見つからない。。フライト時刻で、12:45前後で関西空港行きを探しても見当たらない。。ボードに表示されているフライト一覧でも見つからない。。(1時間くらい遅延していたので、その時点でのフライト一覧にはまだ表示されていなかったみたいです)モニターでフライトナンバーで検索できたので、検索してみたら、遅延したスケジュールで表示されて、ほっとしました。 というか、表記が中国語表記やから、ジェットスターがどれか見てもわからないんですよね。。覚えました。ジェットスターは、中国語表記では、「捷星航空」というみたいです。。

桃園国際空港   プラザプレミアムラウンジ

フライト遅延のため、ラウンジで、ちょっと一杯飲もうという予定から、飲んで食べてゆっくり過ごすことになりました。桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジはなかなか充実しています。ビュッフェ形式の料理とオーダーして出来立てを食べられる麺料理もありました。

桃園国際空港   プラザプレミアムラウンジ のビュッフェ


桃園国際空港   プラザプレミアムラウンジ  麺料理は注文したら、その都度作ってくれます。

桃園国際空港   プラザプレミアムラウンジ の料理

2時間ほど、ラウンジで時間をつぶして、出発。あっという間に帰国です。久しぶりの海外旅行はスマホのおかげで想像以上に簡単になってるなぁと痛感しました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です