台湾男ひとり旅旅行記~3日目~

3 min 6 views

鼎泰豊(ディンタイフォン)信義本店

この日は、ホテルの朝食は食べずにすぐに、台湾観光の定番中の定番、「 鼎泰豊」に行くことにしました。10時過ぎに着いたのですが、既に大勢の人が待っています。しかし、お客さんをさばいていくシステムがよくできていて、注文用紙にオーダーして渡しておけば、20分程度で入店できました。受付のお姉さんも中国語、日本語、韓国語を駆使して次々とお客さんをさばいていて、小気味好い感じでした。

鼎泰豊の行列

オーダーする際、「結構多いけど、大丈夫?」と聞かれましたが、せっかくなんで、ノーマル小籠包、カニみそ小籠包、排骨炒飯を頼みました。

鼎泰豊(ディンタイフォン)信義本店の小籠包
鼎泰豊(ディンタイフォン)信義本店のカニみそ小籠包
鼎泰豊(ディンタイフォン)信義本店の排骨炒飯

確かに多かった(笑) 後半の排骨炒飯はだいぶ苦しかったけど、なんとか完食。味は期待値が高かった分、そこまで感動はなかったんですが、あれだけのお客さんを円滑にさばいていくオペレーションに感心しました。

誠品生活信義店 ( 誠品書店)

次に、行ってみたいと思っていた「 誠品書店」に向かいました。 蔦屋書店の元ネタだといわれているお店で、今は日本にも進出していて、東京・日本橋に店舗があります。確かに蔦屋書店っぽいです(笑)多分、お料理教室的なコンテンツもするらしく、クッキングスタジオなんかもありました。いろんなライフスタイル提案をしているようです。

誠品書店
クッキングスタジオ(誠品書店)

あと、インスタグラムのデータをプリントアウトできるプリクラマシンみたいなものもありました。

アカウント名を入力すれば、別に自分のアカウントのものだけではなく、どのアカウントの写真でもプリントアウトできるようです。

地下にフードコートもあり、美味しそうなものもあったんですが、鼎泰豊で食べすぎたようで、全く食欲が湧かず。。結構、日本のファーストフード店が頑張ってました。

問屋街「迪化街」、カルフールへ

カラスミを買いたかったので、ググったところ、簡永久號實業有限公司というお店が老舗の名店ということらしく、問屋街である迪化街へ向かいました。店舗は、問屋街の奥まったところにあり、ちょっとわかりずらい場所だったのですが、グーグルマップのおかげで迷うことなく、到着。無事買うことができました。(写真撮るの忘れてたので、なにもありません。。)

当然、問屋街なので、いろんな問屋が並んでいます。

迪化街のリボンを扱う服飾資材店

また、カルフールがありました。スーパーマーケットは国ごとに特色が出ていて、面白いです。やはりお茶関係は充実していました。

天喜迷你石頭火鍋 の「ひとり火鍋」を食べる

夕食は、「ひとり火鍋」が食べられる「天喜迷你石頭火鍋」に行きました。一人鍋スタイルで日本でもたまにしゃぶしゃぶ屋さんで見られるスタイルです。

外から見た天喜迷你石頭火鍋

メニューを見てもらえば、わかるのですが、すごい種類があります。しかし、漢字のメニューなので、よくわからない。。適当に羊肉を頼みました。(猪とメニューにありますが、台湾では豚肉を猪肉と表記するらしいです。)タレの作り方がわからなかったので、合っているのかわからないまま、適当に食べましたが、美味しかったです。安いし、日本にあったら、通いたいレベル。ただ、ここでもお酒飲んでる人は全然いなかったので、頼まず。。本当にご飯食べながら、一杯やるって文化がないみたいです。。

天喜迷你石頭火鍋の鍋


天喜迷你石頭火鍋のメニュー

kkday【台北】バー&クラブ巡りナイトツアー(パブクロール)

結局、BAR NINE でしか飲んでいないので、また、kkdayで見つけた「バー&クラブ巡りナイトツアー」に参加することにしました。 地下鉄の民権西路駅に20:30に待ち合わせだったので、ひとり火鍋を食べた後、一旦ホテルに帰ってから向かいます。1月の平日なので、あまり集まらないかなと思っていたんですが、10人くらい参加者がいました。シンガポール、香港、アメリカ、ドイツ、イギリスとアジア、欧米が半々くらいの感じです。こういうツアーに参加するような人たちなので、みんなフレンドリーで、いろいろ話してくれるのですが、英語がみなさん、ネイティブレベルでついていくのに、精いっぱい。。

ツアー自体は、3軒回ります。1軒目はビリヤード台やダーツがあるショットバー。集合した時にも飲まされたのですが、テキーラみたいなストロングリカーを1軒回るごとにショットで一気させられます。。ここは空いていて、ほぼ貸し切り状態だったので、いろいろ参加者同士で話をしました。

台北バー&クラブ巡りナイトツアー1軒目

記念に写真を撮ってもらいました。このときのメンバーは、ツアーガイドの台湾ローカルの女の子、シンガポールから来ていたエンジニアと香港人(仕事聞いた気がするけど忘れてしまった。。)でした。

ガイドの子に疑問に思っていた台湾人は外食時にお酒飲まない件を聞いてみたところ、やっぱり外であんまり飲まないみたいで、このパブクロールのツアーガイドの仕事も母親には、なんでそんなことをしているのかとかいろいろ言われているらしい。


台北バー&クラブ巡りナイトツアーで撮った記念写真

2軒目への移動でだいぶ歩かされたのもあって、だいぶ酔いがまわってきて、あまり覚えてないのですが、2軒目はクラフトビールが飲めるというバーに移動。ここは、結構賑わっていて、ツアー以外の人とも話し始めたりして、ごちゃごちゃになってきます。


台北バー&クラブ巡りナイトツアー2軒目

3軒目はクラブへ移動。クラブなんで、もうツアーもバラバラで適当に過ごします。マカオから来ているという兄ちゃんに話しかけられて、話したりしてました。3軒目でまあまあ飲んだし、さすがに疲れてきたので、1時間くらいで早々にギブアップしてタクシーで帰宅。


台北バー&クラブ巡りナイトツアー3軒目
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です