台湾男ひとり旅旅行記~1日目~

4 min 68 views

準備編 

ふと思い立って、台湾旅行に行ってきました。

出張で国内の移動は割としてるほうだと思うのですが、海外旅行には久しく行ってませんでした。ANAのマイルが結構たまっているので、ニューヨークあたり行きたいと思っているのですが、いきなりニューヨークに行く前にちょっと練習しとこうかと近場のアジアでどこかいくことにしました。

そうと決めたら、早速スカイスキャナーのアプリで検索。旅行予約サイトはいろいろありますが、手数料をとるものもあるので、スカイスキャナーが一番よさそうでした。

近場なので、台湾、香港、韓国あたりがいいかと思い、検索してみましたが、香港はデモもあるし、ちょっと治安がやばそう?韓国は、今までに二回行ったことあるんで、台湾に狙いを定めて、検索してみました。

スカイスキャナーで検索してみるとジェットスターで関空⇔台北、往復2万円くらいの安い日を発見。ジェットスターのサイトからクレジット決済で予約完了。ホテルも楽天ポイントが余っていたので、楽天トラベルで適当に評価が高くて、コスパがよさそうなところを予約。朝食付きで1泊5,000円くらいでした。

速攻で、三泊四日の台湾旅行の予約が完了です。

三泊四日程度だと長めの国内出張程度なので、準備することもあまりないのですが、がっつりスマホ依存の生活なので、ネット環境だけ準備することにしました。検索したところ、現地のSIMカードに入れ替えるのが一番コスパが良さそうなので、Amazonで購入。日本のSIMカードをなくさないように、SIMカードケースも一緒に購入しました。

フライト中は、当然、Wifiがないので、Amazonプライムビデオで今見ている「SUITS」を4話ほどダウンロード。念のため、飽きたときように、kindleに1円(10円だったかも)セールの時に大量に購入して読んでなかった「まんがで読破」シリーズもダウンロードしておきました。

出発 プライオリティパスで関空のラウンジに行ってみる

11:35 関空発のフライトなので、朝も普通通りに起きて、ゆっくりご飯食べて、出発。ただ、ラウンジに行きたかったので、ちょっと早めに着くようにしました。

楽天プレミアムカードを持っているのですが、こちらの特典にプライオリティパスというものがついてきます。プライオリティパスがあれば、ANAのスーパーフライヤーズなどのステイタスを持っていなくても、無料でラウンジを使用することができます。これを使って、昼間からタダ酒を飲もうという魂胆です。関空はラウンジの変わり?にぼてぢゅうを利用することもできるのですが、お腹が空いてなかったので、普通にラウンジ(KAL BUSINESS CLASS LOUNGE)にいきました。

KAL BUSINESS CLASS LOUNGEのお酒
KAL BUSINESS CLASS LOUNGE のお酒
KAL BUSINESS CLASS LOUNGE の軽食
KAL BUSINESS CLASS LOUNGE の軽食

ラウンジはあまり大きくなく、食事も軽食程度でした。しっかり食べたい人は 「ぼてぢゅう」に行ってもらえばいいと感じですかね。

トマトジュースとビールでレッドアイを作って、とりあえず、これから始まる旅行に乾杯です。

到着 ドコモ SIMロック解除エラー 44691に手こずる。。

約2時間のフライトなので、プライムビデオでダウンロード済みのSUITSを見たり、kindleで漫画読んでるとすぐに到着。1月なのに想像以上の温かいことに戸惑いながらも、空港にて買っておいた台湾のSIMに入れ替えようとしたところ、問題発覚!

スマホのSIMロック解除をしていない。。以前は、SIMフリーのiPhone7を買って、LINEモバイルを使っていたのですが、新規乗り換えなら機種代無料だったのと通信料以外でドコモのサービスでいろいろメリットあるなーと思って、 ドコモのiPhoneXR に機種変更していて、そのSIMロックはそのままだったのでした。。

SIMロック解除は、ドコモショップに行かないといけないかと思っていたので、「これは詰んでしまった、、レンタルWi-Fi借りようかー」と思っていたのですが、とりあえず、ドコモのパケットパック海外オプションが1時間なら、200円で使えるので、速攻ググってみました。すると、mydocomoでウェブからでも解除可能!とのことで(一部条件はあるみたいですが)早速手続き。しかし、謎のエラーが、、

ドコモ エラーコード 44691

手続きを進めていくと、エラーコード 44691 が出てきて、完了できず。。やっぱり、店舗にいかないとダメなやつかと思いながら、ドコモに電話して問い合わせすると、なんと「IMEI(端末の識別番号的なもの)」の入力エラーとのこと。「コピペすると、スペースもコピーされてしまうため、手打ちで入力してください」と教えてもらい、無事解決。それくらい、システムの運用で「スペースは詰める」とかやっといてくれよと思いながらもようやくつながったグーグルマップで調べながら、空港から台北市街にむかいました。

グーグルマップで作った観光したい場所リストの確認

ガイドブックでチェックした行ってみたい観光したい場所はすべてグーグルマップに登録してしまいます。

ガイドブックは観光スポットごとの位置関係がわかりずらいので、気になるところがあれば、片っ端からグーグルマップに登録して、自分の観光リストを作成してしまいます。こんな感じで、地図上で表示されるので、近いところをまとめて行こうとか、予定が立てやすくなります。また評価も表示されるので、ガイドブックでは、良さげに見えたけど、あまり評判良くないスポットかどうかのチェックもできまs。

グーグルマップに登録した台湾旅行の観光リスト(地図)

グーグルマップに登録した台湾旅行の観光リスト

寧夏路夜市で初台湾料理

空港でSIMの設定に手間取ったせいもあり、すでに日も暮れてきましたので、夕食をとるために、夜市に向かいます。「志林夜市」が一番有名なようですが、ちょっと遠いようなので、近くにある「寧夏路夜市」に向かいます。

屋台を何軒か冷やかしてみたら、バーナーでステーキを炙っている屋台があったので、買ってみました。このバーナーで炙るタイプの屋台、結構見たので、台湾で流行っているんでしょうか。


寧夏路夜市 のバーナーで炙っていたステーキ

どこのお店も活気があります。


寧夏路夜市 の屋台

寧夏路夜市 の屋台

寧夏路夜市 で売っていたスイーツ的ななにか

ステーキは別にわざわざ台湾で食べる必要がないということに気づき、ちゃんと何か食べようと思い、適当にご飯屋さんに入ってみました。


寧夏路夜市 にあったご飯屋さん

寧夏路夜市 にあったご飯屋さん

メニューを見てもよくわからず、グーグル写真翻訳も試してみましたが、なぜかうまくいかないので、適当に頼んでみたら、ちょっと予想と違って野菜系ばかりに。。肉ぶっかけご飯も魯肉飯的なものを期待したのですが、ちょっと違ってみたいです。。割とあっさりした味付けで現地の人が普段使いする食堂といった感じです。

ビールを頼んだら、台湾のローカルビールが出てきました。結構お客さんが入っていたんですが、現地の人ばかりのようで、観光客っぽい人は自分だけのようです。そしてビールを飲んでるのも自分だけのようです。この後もずっと、台湾旅行中、みんなあまりお酒飲まないなぁと思っていたんですが、どうもあまり台湾人は夕飯外食時にお酒飲んだりする習慣があまりないというネット記事を見かけました。。ほんとなんでしょうか。こんなに暑くて、ビールが進みそうな気候なのに。。

台湾のローカルビール

水餃子を土産にホテルに到着

長居するような雰囲気のご飯屋さんでもなく、まだホテルにチェックインしていないので、あまり長居することなく、ホテルにむかいました。寧夏路夜市からホテルまでは、近いので、歩いて向かいます。

途中で行列ができている水餃子屋さんを発見。「双連高記手工水餃」という人気店のようで、後で調べたら、水餃子と酸辣湯が有名なお店だったようです。イートインもあったのですが、 ホテルで餃子をつまみに一杯飲もうと水餃子をお持ち帰りで一人前買いました。


双連高記手工水餃

双連高記手工水餃

双連高記手工水餃

ホテルに到着。受付で張り切って「 I have a reseavation under..と英語で話し出したのですが、はぁ?て顔をされて、「日本人?」て聞かれて、日本語でそのままチェックインしました。。

ホテルの隣にセブンイレブンがあったので、台湾ビールを買って、水餃子を食べようとしたら、水餃子しかない。。お箸とたれはどうも別にもらわないといけなかったみたいです。。お箸をセブンイレブンで買って、そのまま食べました。。それでも韮が効いてて、美味しかったけどね。


双連高記手工水餃 の水餃子

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です