デュッセルドルフ国際空港で「クレジットカード貸して詐欺」にあいかける 小さく世界一周一人旅 その22

3 min

デュッセルドルフ国際空港で ルフトハンザ航空限定モデルのリモワ をゲット

とうとう世界一周の旅も終わりを迎え、日本に帰ります。

デュッセルドルフ国際空港には、目的があって早めに向かいます。一つは、最後のラウンジを満喫すること、もう一つは、ドイツでしか買えないルフトハンザ航空限定モデルのリモワの買い付けを友人に頼まれていて、そちらを確実に買えるように余裕を見て、デュッセルドルフ国際空港に向かいます。

空港内のリモワショップを見つけて、店員さんに聞いてみると、店頭展示品ラスト1点のみなら在庫があって、あとは取り寄せになるとのこと。実物見ると、自分の分も欲しい!となったんですが、取り寄せにすると、送料とか関税やらでその場で買ってハンドキャリーするより、結構高くなってしまいそうなので、友人の分一つだけにしました。

ルフトハンザ航空限定モデルのリモワ

デュッセルドルフ国際空港でクレジットカード貸して詐欺」にあいかける

RIMOWAを買いに行く前、空港についてすぐ後のことです。

空港案内地図を見て、RIMOWAショップの場所を確認していると黒人男性に声をかけられました。

話を聞いてみると、

・これから日本へ行くんだけど、飛行機に乗り遅れてしまった!

・次の飛行機の予約を取り直したけど、遅くなることを日本で待ち合わせしている友人のタナカさんへ電話したい。

・しかし、空港の公衆電話がクレジットカード専用のものしかないんだけど、荷物を預けてしまっていて、手元にクレジットカードがないので、貸してほしい。

とのこと。

旅行中ここまで、特にトラブルらしいトラブルもなく、警戒心が薄くなっていたのと本当に困っていそうに見えたのでかわいそうだなと感じて助けてあげることにしました。

二人で、公衆電話に向かって、電話をかけようとすると、20ユーロ紙幣を渡してきます。電話代として、受け取ってくれということらしく、このときはしっかりしてる人だなぁとのんきに考えてました。

いろいろと話していると、どうやら、友人のタナカさんは、テピコで働いていた時の同僚で、福島で働いていたんだとしきりに言ってくるんですが、テピコというのがなにかわからなくて、怪訝な顔をしているとどうも東京電力のことみたいでした。東日本大震災のニュースを見て、覚えたんでしょうかね?

そして、クレジットカードで電話をかけようとするのですが、何度かけてもエラーになります。また、クレジットカードでコールする際に、PINコード(暗証番号)を入力するのですが、その際も視線を逸らしたりせず、ボタンを押している手元をガン見してくるので、ここは気を使ってみないようにしてほしいなぁとだんだん違和感を感じてきました。。。

また今回の旅行では、保険とか空港でのサービスとか考えて、ゴールドカードのクレジットカードを2枚持っていってました。

1枚目のゴールドカードでエラー。2枚目の別のゴールドカードでもエラーとなり、何回か繰り返してもエラーになります。そのあとも他のクレジットカードはないのかとすごく聞いてきて、とにかくクレジットカードを出させようにします。

とはいえ、その2枚しかないので、1枚目のゴールドカードを渡して、かけてみて、違うので、また別のカードを渡してというのを何回か繰り返してるうちに、シルバー色のカードを返してきました。知らない人の楽天カードです。びっくりして、これはなに?って聞いたら、以前、もらった楽天カードを試してみたというのですが、超絶怪しくなってきました。。

RIMOWAのスーツケースを買わないといけなかったので、黒人男性に、買い物をしないといけないから、他の人をあたってくれないかと話して、RIMOWAショップに向かいました。

で、無事RIMOWAを買って、チェックインカウンターに向かうとまだ黒人男性がいる。。。

また、なんとか助けてくれないかと話しかけてきます。今度の言い分は、

・なんとかして電話したらしいけど、航空券を再発行?してもらうのに、市内の旅行会社まで行く必要がある。

・その際、身分証明として、クレジットカードを持ってくるように言われた。ついては、クレジットカードを貸してもらえないだろうか。次の便で自分も成田空港に行くから、すぐ返す。

と、ぶっとんだものになってきました。。

冷静に考えれば、クレジットカードを貸してくれなんて、なにをどう考えてもおかしいのです。

しかし、そのときは、なんとか助けてあげたくて、今ここでカード会社に電話して、クレジットカード止めてから、貸してあげたらいいかとか市内の旅行会社に一緒に行ってあげようかと悩んだのですが、カードを止めると再発行が面倒だし、飛行機の時間的に、旅行会社に行ってる時間はないということで、残念ながら、何もできないと彼に伝えました。彼はクレジットカードの暗証番号がわからないから(電話かけるときめっちゃ見てたので、これは嘘だと思ってました)悪用の心配もないし、成田ですぐ返すから、ノーリスクだと盛んに訴えてきました。しかし、私が、できないというと、ちょっと腹立たしそうな表情をしながらも引き下がったのでした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です